オランダ

オランダ 出島オランダ日本ってどんな関係があったのでしょう?家を探しにオランダに来たときに、バーンと目に飛び込んできたのが「出島」という文字。私が住むアムステルフェーンのシティセンターには、「出島通り」なるものもあります。そこに立ち並ぶフラットには「出島」と漢字で書かれいて、住所も「Deshima」。「デジマ」ではなく「デシマ」。「Deshima」という日本食屋さんもあります。

そこで、遠い昔学校で習った記憶をたどって、オランダとの関係が深かった出島について触れてみたいと思います。

sponsoredlink

オランダと日本

出島」。オランダ日本についてと言われたとき、多くの人がこの言葉を思いつくのではないでしょうか。「出島」とは、1634年に江戸幕府の鎖国政策として造られた、扇形の面積が3969坪の人工島です。当時貿易を行っていたポルトガル人が、長崎市内で自由に過ごせることにより、ポルトガル人の滞在が長期間におよんだり、日本人との間に子供が生まれたりしていたので、ポルトガル人を収容する目的で、約2年間かけてこの「出島」が造られました。「出島」を造る際にかかった費用は、長崎の有力町人25人が支払ったのですが、その費用を回収するために、ポルトガル人・後にオランダ人は、土地使用料として金銭を町民に支払うシステムになっていたそうです。

1639年のポルトガル人追放後、長崎の港は唐船との貿易のみとなってしまい、急速に廃れ始めました。そのため、出島を造る費用を回収することもできなくなり、出資した町民25名も困っていたそうです。そこで長崎全体で幕府に訴願し、平戸にあったオランダ商舘を閉鎖して,これを出島に移すこととなりました。

sponsoredlink

1641年に、オランダ東インド会社の商館を平戸から出島に移して、1859年までの218年間、出島にてオランダとの貿易が行われました。出島は、原則として、日本人の関係者以外出入りが禁止されており、オランダ人も、シーボルトなど以外は、出島に軟禁状態でした。なので、ほとんどのオランダ人は乗ってきた次の船で帰国したがっていました。(そんな中、シーボルトは狭い「出島」に6年間も暮らしたそうです)

そもそも、オランダとの貿易が始まったきっかけは、1600年4月19日、豊後国(現在の大分県臼杵市佐志生)の沖に、1隻のオランダ船が漂着したことでした。傷だらけの船で、出港時にいた乗組員110名は、わずか24名になっていました。この船が、オランダ東インド航路開拓船団5隻のなかの1隻デ・リーフデ号で、1598年にオランダのロッテルダムを出港し、唯一この船だけが日本にに到着することができたのでした。このデ・リーフデ号が日本に来た初めてのオランダ船で、この漂着を機にオランダとの貿易が開始されました。

sponsoredlink

出島は、鎖国によって閉ざされいた日本にとって、唯一の西欧に開かれた窓口であり、オランダ商館に赴任したシーボルトなどは、日本の文化や動植物をヨーロッパに紹介していました。出島にもたらされ、日本に入っていた書物は、医学、天文暦学などの研究を促進しました。蘭学を通して生まれた合理的思考と人間平等思想は幕末の日本にも大きな影響を与えたと言われています。

書物以外にも、オランダからの輸入品はいろいろありましたが、繊維類(生糸がメイン)、砂糖(当時オランダの植民地であったインドネシア産)、各種香料、薬が主な物でした。その他輸入品も、サフラン、コショウ、ガラス製品など多岐に渡っていたようです。

生糸は元禄時代の衣装を華やかなものにし、砂糖は「カステラ」で知られるように、お菓子やお料理に使われ、長崎のビードロで知られるガラス器など、出島にもたらされた輸入品の数々は、当時の日本人に大きな影響を与えました。

日本からオランダへの輸出品は、銀、金、銅、陶磁器などでした。江戸時代の初期、日本で採れた銀は非常に良質なもので、オランダの貿易も、銀が目当てであったと言われています。そして、金や銀に代わるものとして、貨幣の原料として銅が大量に輸出されるようになりました。 陶磁器は大変貴重なもので、伊万里焼などの日本陶磁器は珍重され、ヨーロッパの王侯貴族の間で日本の陶磁器を飾ることが流行り、ドイツのマイセンなどで、伊万里焼の模造品が盛んに製作されたと言われています。

そして、1855年、日蘭和親条約が締結され、オランダ人も長崎市内に出入りすることができるようになり、1859年、その存在意義を無くした出島オランダ商館は閉館されました。

現在の出島は、1904年に周辺を埋め立てられ、もはや島ではなくなっています。ただ、かつての出島の大きさを表すために、道路上に出島の縁を示す鋲が打たれています。1996年から、長崎市が約170億円かけて、出島の復元事業を開始し、2010年までに復元した後、出島周囲に塀を建て、当時の扇形を復元する予定だそうです。長崎電気軌道(路面電車)本線、出島電停から歩いてすぐです。

ページTOPに戻る▲

copyright©オランダで子育て オランダ生活案内 オランダ旅行情報 オランダ観光ガイド All Rights Reserverd.